語るなら未来を…

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 00:11
堀池です。ちょっと前までは心が不安定で、思考回路がショートしてましたが、今は心も体も健康です。ご飯も食べる量が増え、BMIは18台に戻すことができました。(55.1÷1.75÷1.75≒18.0)

何を考えているか分からない、病んでる?みたいなことを言われがちですが、私は今は元気なので心配しないでください。今回も意味分かんないブログにお付き合いください。拙い文章になるかと思います。




ずっと大切にしてた、大きな目標を目指していた人がいます。それが断たれたとき、その人はどうしていいか、分からなくなってしまいます。
そんな時ってお先真っ暗で、何を言われてもよく分からなかったり、信じられなかったりしますよね。

相談されたとき、僕も分からなかったので、真摯に答えることができませんでした。


例えば怪我で悩んでいる人。
サッカーの本田圭佑選手が怪我をしたとき、ある番組でこう言っていました。
「逆にこれは自分の体を一から作り直すチャンス。」
逆境をものともしない、この精神力はすごいと思います。さすがスターです。見習いたい。
とは言ったものの、大学のボート部は4年間。4年のインカレで結果が出せればいい、と言ってそれまでずっと陸トレできますか?他の人はみんなボート漕いで練習してるのに。

後輩に言われました。「そういう逆境を乗り越えられた人がスターであって、僕はそうなれる自信がない。」
軽率でした。僕はそれに答えられませんでした。スターになれとも言えないし、諦めろとも言えない。ちょっとしたアドバイスのつもりが、逆効果ともなってしまいそうでした。


だから彼と一緒に見つけようと思います。正解を導き出すことは僕にはできない。だからせめて、一緒に歩いて探していきたいです。話を聞くこと、一緒に歩くことなら僕にもできる。他にも一緒に歩いてくれる人はいるから、そこだけは安心して大丈夫。





自分の能力が届かなかった人。
自分でできることを精一杯やってきたのに、届かなくて悔しい。そういう正直な感想、僕は大切だと思います。
それなのに、それだけじゃ足りないとか、やることきちんとやってから悔しいと言えとか、
そう言われる方がよっぽど悔しいと思います。
人によって価値観は様々だから、自分では精一杯だと思ってたことが他人の足下にも及ばない、なんてことはよくあることだと思います。その人に合った物差しで評価するのが大切だと僕は思うので、僕は彼らの頑張りはよく評価します。実際にこの目で全ての努力を見たわけではありませんが、それでもちゃんと分かってます。
(本人の物差しじゃなくても、誰が見てもよく頑張っていたと思います。)


何を甘えたことを言っているんだ、と思う方いらっしゃると思います。そういう人もいて当然だと思うし、そういう厳しいところが僕に足りないところです。


とにかく、今は頑張りが実っていなくても、お先真っ暗だとしても、歩みを止めないことが大事。夜は待ってたら明けるけど、トンネルは待ってても抜け出せません。進み続ければ必ず光が見えるから、とりあえず進むこと。常に全力ダッシュする必要はないから、少しずつでもいいから進むこと。



まとめ
・困ったことがあったら、とりあえず発信すること。コミュニケーションを大切にするのは新シーズンのテーマです。
・下り坂は勢いつくから、登るためのいい助走。
・みんな頑張っています。それをちゃんと評価する人もいます。
・堀池は評価基準甘いかもしれません。

飴が多めになりましたが、まあたまにはいいでしょう。


最後に
映画響を観ました。小説家ってすごい。文章書いて伝えるのって難しい。

スポンサーサイト

  • 2019.02.16 Saturday
  • 00:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメント失礼します。

    前回記事を受けて投稿されたものと解釈して自分なりの考えを述べさせて頂きます。
    「人に甘い」というより、「論点がずれている」という風に僕は感じました。
    感情論で仰っているなとも思います。

    自分なりに努力することは大切だと考えています。
    努力した分だけ成長するものだと思いますし、それに見合った分の結果が出せなくて悔しいという感情に対しては大変共感できます。

    ですが、目標が「誰かより結果を出す」という相対的な評価によるものである限りは、自分の努力に関して謙虚であるべきだと思います。
    「以前より頑張る」とか、「自分なりに精一杯やる」ことを目標とするなら、既にその人は満足感や達成感を得ている筈です。
    ただそうではなく、「誰かより結果を出す」ということが目標なら、「自分なりに」で届かない時、努力自体ではなく努力の内容に焦点を当てるべきなのではないでしょうか。

    僕は「努力は必ず報われる」という言葉が嫌いです。
    この対偶である「報われない努力は、まだ努力とは呼べない」という論理こそ、まさに正しいと僕は思います。

    長文失礼致しました。
    • 2018/10/03 12:32 PM
    あ さんの言う通りだと思います。
    ぼくもあ さんみたいに鋭くズバッと物事を言える人尊敬します。
    • 2018/10/03 3:29 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM