艇庫ブログ

僕は、罰則が嫌いだ。別に面倒だからとかそういう事を言いたい訳ではない。罰則みたいなシステムが嫌いだ。なぜか。気づいたらやる。それで、済むから。


システムを設けるor指摘する。そういった事で、他人に行動させるのは簡単だ。しかし、自分で、

「どうして?」「どうやって?」

を考えるプロセスが減ってしまう。


仮に、優勝した時に、その理由が「何も考えずに上から言われた通りにやっていました」

じゃ面白くねぇ。そんな人が、ボート辞めた時に残るのは、自分語りが大好きな自分くらいだろう。


「チーム(選手・マネージャー・コーチ)の一人ひとりが、自分・チームに必要な事を考えて行動した」

の方が面白いに決まってる。


競技としてやる以上、スポーツはキツイ事だらけだ。しかし、2度とやるもんかと思いながらする努力に僕は意義を見出せない。その人は本質的にはやりたいと思っていないから。キツイけど、辞められない・面白いと思いながらする努力に意義があると思う。ただ頑張るじゃナンセンスだ。



能動的一年間にしてやろう。



部員A



2018/11/19 (月) 10:38 | -
trackbacks(0) | comments(0)


2018/12/19 (水) 10:38 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック