艇庫ブログ

こんばんは。
新2年漕手の武田です。

昨晩、池袋の「聚福楼」という中華料理店にて、春期先輩訪問を行いました。
鹿又(新4)、佐藤大(新4)、田口大(新3)、根本(新3)、武田(新2)、永井(新2)の6名が、昭和62年入学の先輩方に、ジンギスカンやウサギの肉などをご馳走になりました。

私は、ジンギスカンやウサギの肉をいただくのは初めてでした。特にウサギの肉はあまり馴染みがなかったので、どんな味がするのか楽しみにしていました。




ウサギの丸焼きははじめこのように運ばれてきました!いざ食べてはじめると、くせもなく、噛みごたえがあり、箸が止まりませんでした!

先輩方から、荒川でかなり長い距離を漕いだお話や、シアトル遠征でアメリカのスケールの大きさに驚いたお話などをお聞きしました。

大学時代の話をしている先輩方は、和気あいあいとしていて、たいへん仲がよろしいのだな、と感じました。私も、四年間同期たちと切磋琢磨して、卒業後年を重ねても素敵な関係であり続けられたら良いな、と思います。

この度は、美味しいお食事をご馳走していただき、また、ご寄付をいただき本当にありがとうございました。

これからも、東北大学漕艇部をよろしくお願いいたします。





前列左から、田口大、樫尾先輩、武田、大坪先輩、永井、草野先輩
後列左から根本、堀先輩、佐藤大、中島先輩、三池先輩、さきさん(三池先輩の娘さん)、鹿又




2018/03/16 (金) 20:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんにちは、新2年漕手の田中修平です。

 

今期最初の大会のお花見レガッタが来週末に迫るとともに、長かった春合宿も残すところあと1週間となりました。ということで、これまでの春合宿を振り返ってみます。

 

合宿1日目

ノアとトラックだけめちゃくちゃ早く到着して先に艇庫整備していたら、いつの間にか部のパーカー?にサビがつき、とれなくて萎える。

 

1日目か2日目か3日目

部屋にテレビとPS4が持ち込まれる。部屋がランドになる。

 

1週間後

1週間の大阪遠征で囚人になる。

 

2週間後

大阪遠征が終わり、シングルの練習が始まる。

2人だけお花見レガッタにオープン参加じゃない方で出られることになり、500mT.T.をやったが、タイムがよくなく出れないことになり萎える。

 

3週間後

先輩に上手いと褒められまくって調子に乗る。

 

3月11日

調子に乗って沈する。

 

先輩に一緒にビデオを見てもらってどんな感じか聞いてみたら、一瞬で課題が5個ぐらい見つかって驚いたし逆にモチベーションがあがる。

 

って感じです。

 

残りの1週間はフォワードで艇ののびを感じるのと、フォワードでリラックスしてもっと腕を広げて有効レンジを伸ばせるようにするのをやっていきます。(これは監督と先輩の2人に言われたことのはず)

 

僕は高校のとき帰宅部で他の同期と比べるとまだまだ及ばないし、ボートだってよく種目?の名前間違えるくらいボートのこと分かってないけど、ハマったときはめっちゃ面白いことは知ってます。1年生にもそんな面白さを味わって欲しいので是非新歓来てください。特に新歓ボートレースはオススメです!



2018/03/16 (金) 14:06 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんにちは!

新2年漕手の牛田和奏です。


昨日、平成3年入学の月生田努さん、安立直也さん、湯浅健さんのもとへ堀池(新3年)、坂本佑紀(新2年)、牛田(新2年)で伺わせていただきました。


新宿駅近くのThe old stationというお店でステーキやソーセージ、ハムなどをご馳走になりました。お肉がどれも食べたことないくらい美味しくて、舌でお肉がとろける感じでした。


先輩方とは、今と昔の大学生活や練習、艇庫のお話やボートへの科学的なアプローチの話などいろいろなお話を聞かせていただきました。気さくで優してとても楽しい時間を過ごさせていただきました。



先輩方は引退後も集まって地方のレガッタに出場したり、国体予選に出漕されたり、ダブルを買ってポンドで漕いだり、シングルで荒川に出てみたりするなど、ボートを楽しんでいてとてもいいなぁと思いました。



今は全然引退した後のことは思い浮かばないですが、何らかの形で楽しく漕いで関わっていければいいなぁと思いました。



まずはお花見レガッタを頑張ります。


この度は美味しい料理をご馳走していただき、東京募金にもご協力していただき、本当にありがとうございました。


これからも東北大学漕艇部をよろしくお願いします。



左から湯浅健さん、月生田努さん、安立直也さん、坂本、堀池、牛田。










2018/03/15 (木) 16:54 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんにちは。
新3年漕手の杠咲良です。


昨日、H13年入学の黒川公謙さん、大川良太郎さん、遠藤豊和さん、 H14年入学の大橋一博さん、 H15年入学の田口真言さんのもとへ加藤(新4年)、小貫(新3年)、手島(新3年)、杠(新3年)で伺わせていただきました。


東京駅八重洲にある「ダクシン」というお店で南インド料理をご馳走になりました。
ナン、カレーをはじめとする料理はとても美味しかったですし、食後に出てきたチャイが美味しくて感動しました。



先輩方が大会の話やちょっとした面白い出来事などを思い出して話されている姿はとても楽しそうでした。

「あのクルーで出たあの大会は楽しかった」と話されているのを聞いて少し羨ましく思いました。
私は大艇に乗ってクルーで話し合いながら速さを追求するということをあまりやったことがないので。

そのためにも新歓で女子部員を入れないといけないですね。


今は辛いことや色々考えてしまうこともありますが、数十年後には笑い話になっているのでしょうか。 先輩、後輩、同期と笑い合うためにも今を精一杯頑張りたいです。



また、就職の話やご家族の話も聞かせていただきました。
大橋さんは週末にお子さんを連れてボートコースに遊びに来られるようで素敵だなと思いました。



先輩方は卒業されてからしばらく経っても漕艇部のことを気にかけてくださっていて、本当にありがたいことだと思いました。


来週末はいよいよお花見ですが気合を入れて練習に励みます!



この度は美味しいお食事を食べさせていただき、またご寄付をいだだきありがとうございました。
本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

これからも東北大学漕艇部をよろしくお願いします。



奥の列左から、加藤、黒川公謙さん、杠、大橋一博さん、遠藤豊和さん、田口真言さん、小貫、手島、大川良太郎さん


2018/03/15 (木) 12:00 | -
trackbacks(0) | comments(0)
新3年漕手の南波です。


早いものでもう3年になります。ほんとに早い。


入部したての頃から2年も経ったのかと考えると恐ろしいです。
こうやってどんどん1年が早く感じられるのだなあ
若いうちにやれることはどんどんトライしていかないときっと後悔するでしょうね

さてさて春合宿も終盤に差し掛かっています。今年の春合宿は序盤に小艇中心で練習をしたので自分自身かなり成長した気がします。
ここで、僕が考える成長観を語っていきたいと思います。


ボート選手はグラフにすると階段のような形で上達していくと、新トレの頃に教わりました。最近はそれを実感しています。
成長を実感出来る時期はもちろん楽しいですが、横ばいの時期は辛いことも多いです。ただ、そのタイミングでただただがむしゃらにやっても意味は無いと思います。


コーチや自分より上手な人に聞くのも一手だとは思いますが、言葉では理解できても体が覚えなければ意味は全くありません。結局同じ動きを究めるスポーツでは、頭よりも体に覚え込ませることが1番むずかしく、1番楽しいことだと思います。


とにかく現状と違うことを何度も何度もやる、トライアンドエラーを繰り返すことが大事だと思います。壁にぶつかった時に、まっすぐ向かっても倒せないなら、別の方法を考えると思います。そんな感じです。自分なりに答えを出して、周囲の人に聞いて、それが正しい方向性であることを確認出来ればいいと思います。


ステージの違う人同士では、感覚も、それを言語化したものも共有するのが本当に難しいと思います。
高校までの勉強のように、みんながみんな同じステージを経る場合と違って、感覚を掴むには個人差があり、その人それぞれにあったアプローチが必要なんだと考えると、コーチングも大変だなあと思います。


特にボートを始めて間もない人間に、リズムとかシートの動かし方だとか、最低限できていなければいけない段階を指導しても、結局はその個人が感覚を掴むまでは何を言われてるのか理解できない気がします。
だからこそ忍耐強く教える必要があるし、教わる人間も次のステージに行けるようトライアンドエラーを繰り返すことが重要だと思います。


・・・・・・・・・。



書いてて途中から何が言いたいかわからなくなりましたが、
現状よりも上達したい、という向上心を持っていれば、ボートは楽しくなります。僕はそうでした。逆に言えば上手くなろうとせずダラダラ漕ぐのはつまらなかったし、ただ虚しいだけでした。



スポーツは楽しむものなので、自分なりにどこか楽しいと感じられることを見つけるのが重要かなと思います。それを見つけられるのが早ければ早いほど、4年間という限られた期間の中でどれだけスキルを磨けるかが変わってくると思います。
僕はそれが少し遅かったので、新2年や新しくボート部に入るであろう50人の君たちは、ボートを楽しいと思える瞬間を探してみてください。



以上!


2018/03/14 (水) 19:42 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんばんは。

新2年マネージャーの大場日花里です。

 

昨晩、石井(新4)、根本(新3)、手島(新3)、田中(新2)、大場(新2)の5人で、昭和58年入学の栗原さん、昭和59年入学の浅野さん、波多野さん、篠原さん、大泉さんのもとへ伺いました。

 

銀座にある「雛鮨」というお店でお寿司をお腹いっぱいご馳走になりました。

とても美味しかったです!

 

 

先輩方は明るくパワフルで、お話もとても面白かったです。

 

先輩方の塩釜の艇庫での合宿生活の様子や色々な武勇伝(?)も聞くことができ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

後列左から栗原さん、大泉さん、田中、波多野さん、浅野さん、篠原さん

前列左から根本、手島、大場、石井

 



2018/03/14 (水) 14:59 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんにちは、新2年漕手の中村です。
今日は、植竹(新4年)、濱田(新3年)、中村(新2年)の3人が、漕艇部OBの清水雅美さんを訪問いたしました。

豊田駅のセレナーデにて、ご馳走になりました。





清水さんには、自ら主体性をもってボートと向き合うこと、能動的に物事に取り組むことの大切さや楽しさについて、清水さんご自身の実体験に基づいてお話ししていただきました。

清水さんが東北大学でボートを漕いでいらっしゃった頃と今とは環境こそは全く違いますが、そういった主体性が大切だということは変わらないのだと思いました。

言われたことをただ消化していくのではなく、自分で考えながらボートと向き合い、楽しんでみたいと思いました。


また、部員3人とも初めてのスナックだったのですが、場の雰囲気が和やかでとても楽しかったです。
少しカラオケも歌いました。

独特な雰囲気を大切にしたくて植竹さんが選んだ曲は「上を向いて歩こう」





ご寄付に加え、貴重なお話をしてくださり、またたくさんご馳走になり、本当にありがとうございました。

今後も東北大学漕艇部をよろしくお願いいたします。





左から、清水さん、植竹、中村、濱田


2018/03/13 (火) 22:00 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんにちは。新2年coxの伊藤遼次です。




昨日は鹿又(新4年)、田中(新3年)、伊藤(新2年)の3人で平成22年入学の先輩方の元へ伺いました。




先輩方には、西武新宿駅周辺にあるしゃぶしゃぶ食べ放題のお店に連れて行って頂きました。たくさんのお肉を食べさせてもらい、多くの話を聞かせていただきました。



先輩方の話を聞く中で、僕たちよりも勝つことに関して様々な面で徹底されていたのだなと感じました。殆どが素人の集団である東北大学が他大学に勝ち、日本一になるためには相当なことをしなければならない。そのために明確な目標を立て、考えて行動し、改善していく。それはボートだけでなく、社会人になってからも大切だと仰ってました。少なくとも僕は例えば日本一になる事がどういうことかあまり考えずにやってきたので、今回非常に勉強になりました。様々な事に関してこの考え方を徹底していきます。



また、先輩方にはしゃぶしゃぶの後にドトールに連れて行っていただき、それぞれ相談にのってもらいました。個人的にはCOXの大先輩である佐々野先輩に話を聞いてもらって、自分のやるべきことが見えたので、とてもありがたかったです。




改めて、この度は寄付を頂戴したこと、美味しいお食事にお招きいただいたこと、感謝申し上げます。




先輩方の多大なる声援に応えれるよう、日々の練習から気を引き締めて大会で結果を残したいと思います。


今後とも、東北大学漕艇部をよろしくお願い申し上げます。

(右側奥から)佐々木先輩、番場先輩、佐々野先輩

(左側奥から)鹿又(新4年)、田中(新3年)、伊藤(新3年)



2018/03/12 (月) 21:58 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんにちは!
新3年生漕手の濱田里久です。

今回、大畑(新4年)、植竹(新4年)、長谷(新4年)、濱田(新3年)、牛田(新2年)の5人で平成12年入学の進藤晴樹さん、井上亮さん、安東慎一郎さんのもとへ伺いました。

僕たちは新宿にある「雛鮨」というお店でお寿司をご馳走になりました。
とてもたくさん本当に美味しくいただけてとても楽しかったです!!



食事の場では、過去の練習や食べ放題などの食事の話のエピソードや、今と昔のボート界の話などたくさんの面白い話やためになる話をしていただきました。

僕が特に印象に残った話は戸田入りをママチャリでしたことがあるという話を聞いて本当に衝撃を受けました!!
僕も過去に泉区の家から学校に自転車でいってみたことがあるのですがそれでもきつくてもういいやってなったのに戸田へ行くというのをやり、さらに数回行ったというのはとてもびっくりしました!


より一層練習に励み、お花見レガッタではいいレースを先輩方に見せられるように頑張りますので応援よろしくお願いします!

美味しいご飯と貴重なお話をありがとうございました。とても楽しかったです。
左から井上亮さん、安東慎一郎さん、進藤晴樹さん、長谷、大畑、牛田、植竹、濱田


2018/03/12 (月) 20:44 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんにちは。

新二年生漕手の廣瀬と申します。

 

本日二度目の投稿です。

 

戸田艇庫に来てから早いものでもう一か月がたちました。永遠のように感じられた合宿ですが、もうあと少しで終わってしまいます。

ここからの日をより一層大事に使っていきたいと思います。

 

さて、戸田艇庫ですがある絵画が飾ってあるのを皆さんはご存知でしょうか?私が見た所、三作品あるのですが作者は同じで、OBの方らしいのです。

 

私は芸術に暗いのですが、どのような思いが込められているのかがとても気になります。

 

ボートに関する絵画だとわ分かりますが、知っている方がいたらぜひ教えていただきたいです。



2018/03/12 (月) 13:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
<< | 2/107PAGES | >>